自宅の競売を避ける法とは|住む場所を探す時は不動産屋選びが大切|理想の家に住む為に

住む場所を探す時は不動産屋選びが大切|理想の家に住む為に

住宅模型

自宅の競売を避ける法とは

家の模型とお金

入札開始前に手を打つ必要

近年、東京の不動産業者の許には任意売却についての相談が数多く寄せられているという話がよく聞かれます。任意売却とは、自分が現在住んでいる家を任意の方法で売却することをいいます。ただ、通常の住宅売却と違うのは、その売却が競売を避けるために行われるという点です。何らかの事情でローンの返済が困難になった住宅は、そのままにしておくと裁判所の許可によって競売の対象となり、強制的に処分されてしまいます。これを避けるには、競売が始まる前に何らかの対策を講じるよう気をつけなければなりません。そのための手段が、任意売却なのです。東京は名実ともに日本の中心であり、経済情勢の変化等はまず東京において先端現象となってあらわれます。東京における任意売却件数の増加は、この国の住宅事情の縮図であると言えます。

スケジュールは交渉次第

一般競争入札によって住宅を売却する競売と異なり、任意売却では任意に買い手を探します。そのため、競売よりも高い価格で売却できる可能性があります。ローンの未返済分へ充当できる額を増やせるとあって、任意売却は銀行などの債権者の間でも人気があります。ただ、そうかと言って高値で売れる目途がつくまでいつまでも売却を引き伸ばすというわけにもいきません。買い手探しのタイムリミットや明け渡しのスケジュールは、住宅所有者と債権者が交渉しながら設定していくことになります。東京の不動産業者の中には、こうした交渉のサポートを専門に行っているところがあります。双方が納得できる金額設定から買い手探し、引っ越しの段取りまでさまざまな相談に応じています。